上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アメリカにチェンジをもたらすために選ばれたオバマ大統領ですが、就任当時に
比べると、その支持率はだいぶ悪化している模様です。オバマ大統領の最近の支
持率は、全国規模の世論調査によると、50%台前半にまで落ち込んでいるとい
う報道も最近ありました。これは何が原因なのでしょうか。オバマ大統領は、悪
化する経済状況に対して様々な対策をとりましたが、これによっても、アメリカ
経済の回復状況が思ったほどではないという事が大きな原因の一つの様です。ま
た、医療保険改革の内容に対する不支持が、この急激な下落につながっていると
いう見方も多くあります。元々アメリカは自分の身は自分で守るという考え方の
強い国民性を持っています。それに対して民主党は、「大きな政府」と呼ばれ
る、政府によって弱者を救済する思想が強い政党です。日本では国民全員が健康
保険に入っていますが、アメリカではそうではありません。確かに、アメリカに
おける貧困層の医療状況を改善する事は、大変必要な事ではあると思いますが、
一筋縄でいかないところが、オバマ大統領を悩ませている点ではないかと考えま
す。いずれにしても、今後のオバマ大統領による舵取りには、充分に注目してい
きたいと思います。








国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
2009.08.27 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。