上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
もはや生活にもビジネスにもなくてはならない道具となったのが、携帯電話です
ね。携帯電話といえば、NTTドコモが有名ですが、最近のシェアはどうなって
いるのでしょうか。2008年の3月決算では、KDDIとソフトバンクは増収
をキープしています。一方、NTTドコモについては、減収となりました。ま
た、携帯電話の契約台数についても、増加数においても、NTTドコモの苦戦が
続いている様です。これにはどのような原因が考えられるのでしょうか。まず、
営業戦略については、ソフトバンクやKDDIにおいては積極的なマーケティン
グ戦略が感じられます。特にソフトバンクなどはテレビやインターネットの宣伝
をうまく使って、イメージのアップと認知度の向上に努力しているのが感じられ
ますね。しかし、NTTドコモについては、かつて携帯電話の市場を独占してい
た当時の勢いはないように思えます。NTTドコモの営業収益についても、
2004年をピークとして、その後は減っていく傾向になっています。携帯電話
の市場において、NTTドコモは成熟期に入ってきたのではないかと感じます。
これからは、日本国内における成長も期待できませんから、新しい戦略が必要な
時かもしれません。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
リフォーム
2009.10.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。