上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
二酸化炭素の排出量削減については、これからの日本社会全体として取り組んで
いくテーマになっていくのでしょうか。国際通信社の雑誌などを読んでも、環境
に対する記事などは増えていると思います。世界的に環境問題への意識が高まる
中で、日本として一体どのような貢献が可能なのでしょうか。やはり、優れた先
進技術による貢献は、一つの可能性であると思います。日本の大手鉄鋼メーカー
である新日鉄ですが、中国の同業者に対して、二酸化炭素の排出を減らす技術を
提供するというニュースが、先日の新聞にも出ていました。この技術によると、
燃料消費量を10%ほど押さえることができるそうです。この取組の背景にはど
のような考えがあるのでしょうか。CDM(クリーン開発メカニズム)による排
出枠の取得という事が、どうもある様です。これは、自国外で削減した二酸化炭
素の排出量を、自国の削減としてカウントできる仕組みです。ですから、中国の
鉄鋼メーカーの二酸化炭素を技術供与によって減らす事により、日本の削減目標
の達成を促進できるという考え方になります。このような動きは、今後他社にも
広がっていくのでしょうか。いろいろと問題もあるかもしれませんが、世界の環
境にとってはいい話だと思います。






経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い
2010.10.24 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。