上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本当に管首相が言ってのであれば。大変遺憾な発言です。

しかしその後、自身の考えであったと、松本健一内閣官房参与が

発言内容を撤回。

今、管首相の発言というのは、国中がとても敏感になっていますよね。

そのような時に、松本健一内閣官房参与は、なんと軽率な発言をした

のでしょうか。

軽率な発言について、松本健一内閣官房参与を誰も追求せず、言って

ないという管首相を責めるのは良くないと思います。

もし管首相を退陣に追い込めば、今度は素晴らしい首相だったと絶賛

するんですよねマスコミは・・・




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社
国際ジャーナルで取材されました
2011.04.26 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。