上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
愛知県豊川市の一家5人殺傷事件では、殺害された父親の毎月の給料を、

長男である高之容疑者が管理していた。

20万~30万円の収入から父親に5万、母親に4万円を毎月渡していて、

残りは高之容疑者使っていたそうです。



このことについては次男は会社関係者に、「兄に強く言えない父がいる」と

悩みを打ち明けており、父親自身も親族に「何か言うと高之容疑者が怒る」と

困惑している胸の内を話していたそうです。



ひきこもりのように言われてはいますが、年に数回に外出などを

おこなっていた高之容疑者でしたので、ひきこもりというよりは

外に出る必要がない生活をしていた、

そんな生活を好んでいたのではないでしょうか・・・?



ネットで買い物をし、借金を抱えていた件について父親は警察に

「高之容疑者が自分のクレジットカードを勝手に使い、

ネットオークションなどで200万~300万円の借金を作った。

どうすればいいか」と相談していたそうですね。

警察に相談する前に、父親自身と家族の問題では?



いろんな性格の人間がいるから、なんとも言えませんが・・・



親が子どもに対し、しつけができなかったのではないでしょうか?



高之容疑者は我儘し放題だったように思います。

成人するまでとは言いませんが、働くことの大変さや

お金を稼ぐことの大変さ、を教えることも、

教わることもなく今まで来た。

そして、親がいくらでも子どもに対しお金を与えられる訳ではないし、

お金には底があり、高之容疑者にばかりお金を貢ぐことはできないと、

きっと親は高之容疑者対し言えなかったんだと思います。



あまやかしすぎと、親として子どもに対する厳しいしつけが

できなかったのが、今回の事件の背景にある気がします。


国際ジャーナルで評論
fashiondc.xrea.jp
スポンサーサイト
2010.05.16 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1047-da97fa8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。