上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
シーシェパード号による日本の捕鯨船への攻撃については、現在裁判で争われて
います。今後の行方については充分に見ていきたいと考えています。国際ジャー
ナルでも、日本の捕鯨のあり方については、特集などを組んでもらいたいところ
ですね。ちなみにオーストラリア政府は日本の捕鯨には反対の様です。そのた
め、南極海での日本の調査捕鯨をやめさせるためにオランダ・ハーグの国際司法
裁判所に訴えを起こしたそうです。これはどうなっていくのでしょうか。泥沼の
争いになるのでしょうか。オーストラリアが捕鯨に反対する裏側には何があるの
でしょうか?日本としては、国際捕鯨取締条約に沿って調査捕鯨を合法的に行っ
ていると主張しています。しかしながら、オーストラリアのラッド政権は5年以
内に段階的に廃止するよう求めているそうです。この辺の意見の相違が、この問
題の背景には存在しています。ニュージーランド政府についても、オーストラリ
アの動きに追随して日本を提訴するかどうかを判断することになるという報道も
あります。日本の調査捕鯨に対する世界的な動きについては、これからも予断を
許さない状況が続いていくのではないかと思います。これからも注目のニュース
ですね。





games.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki
スポンサーサイト
2010.06.10 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1072-d7c91394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。