上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
この世の中には様々な子供がいます。少子化といわれている日本ですが、毎日元気に走り回る子供を
よく見かけます。そして「障害」をもった子供も多いのです。どんな子供でもかわいいですし、成長
が楽しみなのではないかと思います。

先日、ある新聞に視覚障害児にプレゼントを贈ろう・・・とある中学校2年生が、
手で触って楽しめる絵本を作ったとの記事が載っていました。
視覚障害児のためのボランティア活動を続ける地元の女性から指導を受けて、時間は半年かかりました。
そして、1クラス1冊ずつ、合計5冊を完成させたのです。大きさはA4判、15ページだそうです。

絵本を作るきっかけとなったのは、言葉や年齢、障害の違いを超えてでも誰にでも利用できる「ユニバ
ーサルデザイン」を学んだのがきっかけだったそうです。フェルトや段ボールなど様々な素材を
使って、立体的に表現した絵と点字で、視力を失った子も手で触って「読む」ことができるしくみな
のだそうです。

作成した中学生生徒達は「ジェル状の保冷剤で水を表現したら、子供たちに伝わった」「一番喜ばれるの
はお化けの話」などとアドバイスを受けて、保冷剤で作ったクラゲや、空気入りの緩衝剤で吸盤
を再現したタコが登場する「ゲゲゲの鬼太郎の妖怪図鑑」などを作り上げました。
ある女子中学生は「目の見えない子と見える子が一緒に遊ぶきっかけになれば」と話していました。

新聞記事には、プレゼントされた子供達がどのような喜び方をしたのか紹介されていませんでしたが、絵本
というのはどんな子供でも大好きなものです。きっと喜んだのではないでしょうか。



報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト
2010.06.19 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1082-18508a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。