上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
携帯電話については、もはや仕事や生活で必需品になっていますが、この携帯電
話に対する日本国内メーカーの事業再編が相次いでいるという話を聞きました。
これにはどのような動きがあるのでしょうか。NEC、カシオ計算機、日立製作
所による事業統合が最近は発生しています。また富士通と東芝が新たに統合を決
めています。これによって10社以上あった日本の携帯電話メーカーは6社に整
理されることになりました。この事実による今後の動きについては、国際ジャー
ナルでも分析をしてもらいたいところですね。世界の携帯市場における日本勢の
シェアは3%しかありません。日本製の部品はたくさん使われていますが、携帯
電話の仕組みには大きな遅れをとっている現状がります。この再編をチャンスと
して海外市場の開拓を期待したいところです。それが日本経済の発展にもつなが
るのではないかと思います。世界仕様の端末を開発するにはどうすればいいので
しょうか。例えば、米グーグルが無償提供する携帯向け基本ソフトの「アンドロ
イド」など、外部の優秀な技術を使うこともポイントになってくるのかもしれま
せんね。これからの日本メーカーは、世界的な戦略をしっかりとたてて、がん
ばってもらいたいところですね。




現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト
2010.06.29 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1087-6067bf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。