上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


これからの日本では、消費税を巡る論点がより多く なってくると思います。単
なる税率や時期にとどまらない全体的な話が必要です。国際ジャーナルでは、消
費税アップの議論に対してどのような意 見なのでしょうか。マスコミにおいて
も、様々な議論が展開されてくると思います。とにかく国民的な幅広い議論が必
要である状況ですね。消費税 については増収分の使い道を明確にする必要があ
ります。例えば消費税率を1%引き上げると、税収は2・4兆円増えることにな
りますから、使い 道を明確にしておかないと、なんのための増税になるのかが
わかり難くなるかもしれません。今のところは基礎年金、老人医療、介護の3分
野に配 分されているのが消費税ですが、菅首相によると、医療や介護などの成
長分野への積極投資で雇用を増やす考えが報道されています。この考え方に つ
いては賛否両論あるかもしれません。消費税は、社会保障に限定する目的税化す
べきという強い主張もありますから、この点が論点になってくる 予感がしま
す。将来的には、欧州並みの15%以上への引き上げも議論になってくると思い
ます。消費税をめぐる議論はこれからどんどんヒート アップしてくるのではな
いでしょうか。




cars.ebb.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
スポンサーサイト
2010.07.12 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1097-c6bd5ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。