上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近の新聞やテレビでは、報道されることがないという話題はやはり宮崎県の家
畜口蹄疫問題ではないかと思います。事の発端は、2010年4月20日に、宮
崎県都農町の牛3頭が口蹄疫に感染した疑いがあることが発表された事です。こ
れが川南町でも感染が確認されることによって、県全体に被害が拡大していって
います。口蹄疫とはどんな病気なんでしょうか。国際ジャーナルでも、この問題
については解説をしてもらいたいところです。牛や豚、羊、ヤギなど蹄のある動
物が口蹄疫ウイルスによって病気にかかります。人間には伝染しませんが、畜産
業を営む農家にとっては死活問題となる病気です。なぜ口蹄疫の感染拡大は、
もっと未然に防げなかったのでしょうか。これにはいろいろな考え方があると思
います。各報道機関でも、この件については様々な報道をしていますが、いま一
番大事なことは、全国的な感染を防ぐことではないかと思います。また、もし今
後同じ様な感染事故が発生した場合の危機管理体制も、より強化されることが求
められていると感じます。宮崎県の農家の方々にとっては本当に大変な状況が続
くと思います。一刻も早い沈静化が望まれるところです。本当に怖い話ではない
かと思います。





国際ジャーナルとの巡り合い
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト
2010.07.24 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1101-fd95dfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。