上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
沖縄におけるアメリカ普天間基地の取り扱いについては、鳩山政権の終わりをつ
げる第一歩になるのかもしれません。最近のマスコミのニュースをみていると、
そのような気持ちになってきます。この件について国際ジャーナルではどのよう
に解説してくれるのか楽しみがあります。社民党の党首である福島消費者相罷免
については、野党である自民党からも批判の声が上がっています。これはどのよ
うな批判なのでしょうか?自民党の石破政調会長によると、辞めるべきは福島氏
ではなく首相であるという考え方の模様です。これには一理あるかと思います。
また、石破氏は社民党は連立を離脱すべきだとの考えを、マスコミに対しても
語っています。おなじく自民党の大島幹事長についても、首相の責任は選挙で国
民に問うべきであると述べています。自民党としては、ここで一気に解散に追い
込んで、再び勢力を取り戻そうという考え方があるのではないでしょうか。自民
党以外の政党からも、鳩山首相の退陣を求める声が上がっています。もともと国
民の大多数の支持によって誕生した政権ですが、その支持率は目もあてられない
ほどに落ち込んでいますから、これからは鳩山首相も、自らの身の振り方を考え
る必要がでてくるかもしれませんね。





続 国際通信社のブログ旅
報道ニッポン|報道通信社
スポンサーサイト
2010.08.08 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1112-c4f0e592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。