上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いままでの自民党政権による対米追従の姿勢を見直すとして、鳩山政権がとった
のは、沖縄の米軍基地に対する見直し政策です。しかし、これはどうも鳩山首相
の掛け声だけで終わってしまったのではないでしょうか。国際ジャーナルでは、
今回の一連の動きに対して、どのように分析を行うのか興味があるところです。
その鳩山首相ですが、5月29日の午後において、連立を組んでいるパートナー
の福島瑞穂社民党党首が連立政権からの離脱は避けられないとの認識を表明した
ことについて意見を述べています。鳩山首相としてはこれからも社民党と連立を
維持していきたいという意向であるようです。今後はどのようになっていくので
しょうか?これからも協力体制を維持していくことが可能なんでしょうか。この
件に対して、社民党はどのような動きをとるのか注目が集まるところですね。社
民党の中でもいろいろな意見がでると思いますから、同党内の意見集約を見守る
姿勢が重要なのかもしれません。これから夏の参議院選挙も予定されています
が、政局の行方によっては、衆議院との同時選挙の可能性もあるかもしれませ
ん。そのような選挙も踏まえて、これからの政局については見ていきたいと思い
ます。





cars.ebb.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト
2010.08.08 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1113-5cf00c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。