上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
朝から驚くようなニュースを耳にしました。
100歳以上の高齢者の所在不明のニュースが大きく取り上げられている中、
大阪府の東大阪市では120歳以上の228人が戸籍上「生存」している状態に
なっていることが分かったのだそうです。
しかもこのうちの最高齢者は149歳で幕末の1861年生まれなのだそうです。
いずれも市に住民登録がなく、住所の履歴を示す書類もないようです。

東大阪市では8月上旬、100歳以上の高齢者13人の所在不明が判明し、市が
戸籍を点検して明らかになったそうです。
亡くなっているとみられる高齢者の戸籍は法務局の許可を得て不定期で削除している
そうですが、最近では1999年と1991年に削除したそうです。この年が最近と
いわれているようではいけないと思うのですが・・・。
戸籍を電算化した2000年以降、削除はしていないそうです。法律上、削除の義務
はなく業務が後回しになりがちだというのです。義務はなくても仕事なのであれば
きちんとするべなのではないかと思うのですが・・・。
テレビのインタビューに答えていた市の職員は「窓口業務が優先になってしまった」
との言い訳をしていましたが、誰も納得できるような理由ではないと思います。

国際通信社から発行されている雑誌にも「高齢者」に関する記事が載っていたように
思うのですが、国民の生活や国民の状態をきちんと把握していただく必要がありますね。
市や町だけではなく、国全体として・・・。


経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社
finance.awe.jp
スポンサーサイト
2010.08.28 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1128-4c6edf8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。