上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前、雑誌「現代画報」で「家族」に関する記事が載っていたように記憶しています。


11月第3日曜は「家族の日」なのだそうです。少子化が急速に進む中、家族の大切さへの
理解を深めてもらおうと、内閣府は2007年から11月の第3日曜を「家族の日」、その前後各1週間を
「家族の週間」と定めたのだそうです。毎年この期間を中心に、国と地方公共団体などが連携し、
家族・地域の絆の重要性を訴える全国大会や手紙・メールの作品コンクールが実施されるのだそう
です。。

家族の絆の重要性は、心の健康を保つうえでも注目されているのだそうです。ある精神神経科医師
の話がある新聞に載っていました。

仕事上の悩みや人間関係に苦しみ、精神科を受診する人がこの5年間で毎年約1割ずつ増えているのだ
そうです。早期治療で約7割が約3ヶ月で回復するそうですが、「戻る職場がなくなる」と完治しない
まま職場復帰するケースもあるようです。日頃のストレスを解消するうえでのポイントとなるのが、
家族との絆なのだそうです。
家族の絆は「愛情」「信頼」「理解」の3つの要素で構成されます。家族とのコミュニケーションが
とれていれば、不安、不眠などの初期症状が出た段階で気づくことができるのだそうです。治療
にも協力を得やすいそうです。家族との絆を深めることは、病気から回復する重要な鍵にもなり
ます。

そして、家族らを対象にテーマパークで心理テストと脳科学調査を行ったそうです。家族に対する
愛情や信頼という感覚が、パークで遊んだ跡に高まるという結果が出たそうです。

様々な病で悩んでいる人がいるかと思いますが、「家族の絆」が実は一番の特効薬なのかもしれま
せん。




ジャーナルライフ
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
スポンサーサイト
2010.11.27 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1177-83c73775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。