FC2ブログ
日本の経済における環境については、デフレの克服、 雇用の確保など多くの重
要な問題があります。消費税のアップという大きなテーマもありますが、これか
らの税制に対しての政府の方針が発表され ています。それが2011年度税制
改正大綱です。大きな特長は難でしょうか。まず、国際的に高いとされている日
本の法人税について、法人税減 税で企業を優遇する事があります。企業の税負
担を軽減して投資や雇用を増やし景気浮揚を図るというのが、政府のシナリオで
はないかと考えま す。この減税の効果はどれくらいあるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この減税効果については、試算を行ってもらいたいと考えま
す。法人税 の5%引き下げに必要な財源は約1兆5千億円だといわれていま
す。この財源をどのように確保すればいいかが議論されています。不足分は相続
税 や所得税をそれぞれ増税するという考えも報道されていますが、個人への負
担増は気になるところです。これからの更なる議論が必要なのかもしれ ませ
ん。今回の減税によって、本当に企業の投資活動が促進されるのか、その点につ
いては前向きに考えてみたいと思いますが、いずれにしても今 後の効果につい
ては注目したいと思います。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
スポンサーサイト



2010.12.27 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1202-1270241e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)