上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
現代画報に、「非定型うつ病」の記事が出ていました。
非定型うつ病とは、落ち込むだけでなく、イライラしたり不安になったり、
楽しいと元気になるが、死にたくなるくらいつらく、傷つくことも多いというこの病気が、そうです。
今20~30代女性に増えているそうです。

普通のうつ病と非定型うつ病との違いは、
うつ病が何に対してもやる気がでず、いつも元気がない。
また寝つきが悪く早朝に目覚めてしまうという不眠傾向、
食欲が落ち体重も減少気味で、頭の回転が鈍るといった傾向があるのに対し、
非定型うつ病は、好きなことに対してはやる気がでて元気になり、
いくら寝ても眠い仮眠傾向、さらに過食傾向で体重は増加気味、
イライラして落ち着かないなどの傾向があるそうです。

おなじ「うつ病」でもかなり症状が異なるこの二つのうつ病、
もちろん対処の方法も異なってきます。
身近な人がうつ病の症状を見せた時、
うつ病(定型うつ病)の人に対しては、がんばれと励ましたりせず、
やさしく接し体をゆっくり休ませてあげることが必要です。
それにたいし、非定型うつ病の人には少しがんばれと励ましてあげて、
言葉はやさしく、でも心は厳しく接することが必要になってきます。

自分の身近でも、非定型うつ病の症状と似た状態の友人の顔が浮かびどきっとしました。

人事ではありませんので、注意深く友人の様子を見て、適切に力になれればと思います。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
スポンサーサイト
2011.01.04 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1209-b5acc1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。