上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本では狼が絶滅していますが、その狼を輸入して害虫駆除をしようというこころみがされるかもしれないようです。大分県豊後大野市では、イノシシやシカなどによる農林被害が起きているそうで、そこに狼を放って駆除しようという案が出されているそう。ただし、この案は生態系に影響を与えたり、法に触れるのではという声があがってはいるそう。大分県豊後大野市長の橋本祐輔市長は、これに対し「他に有効な手だては見つからない。全国のモデルになれば」としているのだとか。豊後大野市内には約400人の猟師がいらっしゃるそうですが、猟師の方も高齢化が進んでいるそうで、市長は市議時代の2007年にオオカミに関する本を読んで興味を持ったのだそう。そしてそのころから、駆除に用いる構想を温めてきたそうで、市では11年度当初予算に導入に向けた調査費を計上する予定なのだそう。この狼は、ロシアか中国から輸入されるそうですが、ちょっと怖いですよね~。一応この試みに当たって、狼の研究センターもつくって、市民にオオカミに慣れてもらってから山に放つ計画ということだそうですが、道に迷ったヒッチハイカーが狼の餌食になるとか、ないんでしょうか。一度放すともとには戻らないそうで、環境省野生生物課は慎重な判断を求めているそう。通常、オオカミは人を襲わないそうで、また家畜も放牧しない限りは無事だそうですが、じゃあ外で飼われている犬はどうなのかなあと思ってしまいます。今後の行方が気になりますね。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
weblog.cms.am
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
スポンサーサイト
2011.01.17 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1217-516b4300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。