上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
新聞に載っていたものなのですがセブン銀行が10月18日に、取引時間が従来
よりも約3分の2に短縮されたATMを開発したと発表したそうです。
よく利用される人にとっては嬉しい話なのではないでしょうか。

このATMは11月から都内でテスト設置を始めるということです。そして
2015年までには全国約1万5000台のATMを順次、新型と入れ替える
ということです。

今回載っていたATMは、1秒あたりの紙幣処理速度が倍になったようです。
例えば、1万2000円を1万円札と千円札2枚で出金する場合、取引時間
は36秒かかっていたようですが、今回開発されたATMは24秒に短縮
されるということです。
消費電力は従来の約半分に抑えたといいます。

確かに急いでいるときなど、ほんの少しの時間でも「長く待っている」という
気持ちになってしまうことがあるかと思います。
そういったときにやはりスムーズに処理をしてくれると利用する側としても
ありがたいと思いませんか。
スーパーなどにもATMが設置されているところが数多くあるかと思います。
やはり、そういった場所のATMでも処理速度を速めたものにしていただきたい
と思います。スーパーなどでは利用者というのがかなり増えると思うのです。
幅広い年齢層が利用するATM。処理速度ももちろんですが、もっと分かりやすい
画面表示が必要だ・・・という意見もあるかもしれませんね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
point.xrea.cc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト
2011.01.21 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1220-1b7ee946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。