上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
押尾学といえば、昔はイケ面俳優で女子たちのあこがれの的状態でしたが、最近では事件以来一転して悪者感が漂う風貌になった気がするのは気のせいでしょうか?一緒にクスリをやっていた女性を見殺しにしてしまったという罪で、きっとたくさんのファンの方も離れてしまったと思われる押尾さんですが、またまた事件を起こしているようです。なんでも、名古屋市の信販会社が、高級外車の分割購入代金の未払いが続いているということで、車の引き渡しと、約630万円の支払いをするようにと東京地裁に提訴していたそうですよ~!なんでも、2008年に押尾さんがメルセデスのステーションワゴン(約950万円)の立て替え払いや、連帯保証を依頼する契約を結んだのだそうですが、今年の2月分以降、毎月約15万円を返済することになっていたのにみばらいになっており、催促にも応じていないのだとか。まあ、逮捕されていたこともあるのかな。そして15日の第1回口頭弁論で請求内容を争わなかったそうで、29日の次回期日で判決となるそう。まあ間違いなく、お金を払うことにはなるでしょうが、やっぱり人間いつでも謙虚な姿勢でいないと駄目なんですね。こういうことが、あとからぼろぼろ出て来るようじゃ、ファンが離れても仕方ないかも。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える
国際通信社を読む、続・取材
スポンサーサイト
2011.01.23 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1221-f7419459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。