上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
落語に魅せられたフランス人の演出家の女性が、母国に日本の話芸を紹介するために、京都に1年滞在し、
東京、大阪の噺家らの聞き取りに取材を行ったそうです。
「座布団の上という小さな空間を最大限利用して様々な状況を表現する落語は素晴らしい」と、さらに興
味を深め、1月初めに帰国して入門書の執筆を目指しているそうです。

この女性はパリ出身で、女優や演出家として活動しているそうです。女性は2年前、日本文化に触れたくて、
東京と大阪を旅しました。パンフレットを見てのぞいてみたのが「寄席」でした。
日本語はわからなかったそうですが、しゃべり方や扇子や手ぬぐいを使ったしぐさに心をひかれたのだそう
です。

12月9日には、大阪市内で女性落語家の桂あやめさんを取材しました。「外国人に落語をどう説明しますか」
と聞くと「一人で複数の登場人物を演じ分ける芸です」という答えがあやめさんから返ってき
ました。ひざを打たんばかりに納得したそうです。ちょっとした視線や声の使い方で、武士や庶民や
様々な人物が表現され、「ヨーロッパにはこんなのはない」といつも感心していたそうです。
入門を許してもらうために師匠の運転手になったり、化粧をおとして髪の毛を短くして初舞台に立ったりした
あやめさんの熱意にも感銘を受けたそうです。

テレビのある情報番組では日本人落語家がアメリカに渡り、英語で落語の面白さを伝える様子が紹介
されていました。英語で話していても、身振りや声の使い方は日本で見せる落語と同じです。アメリカの多く
の人々に笑いをとっていました。そして最近では、7歳くらいの男の子だったと思うのですが「将来は落語家
になりたい」という夢を持っていて、その男の子が練習に練習を重ね、先日初めての舞台に立ったという話も
ありました。「お笑いブーム」と言われていますが、落語ファンも増えつつあるのではないか・・と思います。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
スポンサーサイト
2011.02.01 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1230-8bc869ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。