上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近は農業の再生という言葉を良く目にしますが、農 家と農地という農業生産
の基盤が危機的な状況になっているのは間違いないと思います。農業が盛んな地
域にとっては、深刻な問題です。国際 ジャーナルでも、農業の再生についての
提言を行って欲しいと思います。日本の農業のデータを調べると、耕作放棄地は
10年前の倍近くなってい ます。農業従事者の平均年齢も65歳を超えてお
り、今後、高齢化と後継者不足は加速度的に進行するのは間違いないところで
しょう。これに対す る対策をどうすればよいのでしょうか。政府は農業の大規
模化を提言していますが、単純な問題ではないと思います。今後、離農が増え続
けても、 個々の農家に、農地を増やす余力はほとんど残っていないという意見
も聞いたことがあります。実際の農業の現状に合った新しい政策作りがもっと
も重要です。農村の過疎化も大きな問題になっています。農村の生活機能が維持
できなくなっている状況が増えています。農業以外の分野から人材 を呼び込む
担い手育成を、これからどのように進めていくのか、それが政策立案にとっても
重要です。日本の農業の再生に向けて、抜本的な政策が 求められています。そ
の点をこれからも注目してみたいと思います。






国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
スポンサーサイト
2011.02.09 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1236-abd5f924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。