上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このところ、報道ニッポンなどのマスコミで注目度があがっている件として、公
務員の天下り禁止という問題があります。公務員の天下りについては、わけのわ
からない交付金、補助金などの温床と言われています。また、官庁から仕事を発
注する際、トンネル会社の様な形で随意契約が行われ、結果としては税金の無駄
遣いや財政の肥大化を起こしていると古くから非難されています。このような点
について、抜本的な改革を進めるのでしょうか。一般の国民から
見ても、無意味な天下りはやめて欲しいと感じます。仮に、公務員としての報酬
が、その仕事に合わないほど低額なのであれば、その点は改善すべきと思いま
す。しかし、特権的な立場を利用した個人の利益確保については、やはり是正さ
れるべきではないかと思います。この問題については、現役の公務員からは激し
い抵抗も考えられますが、公務員という職業は、「公」に尽くすのが本来の姿で
すから、公務員の方も、不当な事をするのではなく、堂々とプライドを持って仕
事をして欲しいと思います。それに対して、国民も正当な評価が必要です。マス
コミの報道についても、単純な善悪論に終わることのない、社会性の高い記事を
書いてもらいたいと希望します。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル オンライン
国際ジャーナルで掲載
スポンサーサイト
2011.02.24 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1253-e3eb828e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。