上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
総務省が10月1日に発表した8月の完全失業率は、9月よりも0.1ポイント低下の
5.1パーセントで、2か月連続で改善したそうです。これは新聞記事に載っていました。
また、厚生労働省が同じ日に発表した求職者1人に対する求人数を示す8月の有効求人
倍率は、9月より0.01ポイント上昇の0.54倍で、4か月連続で改善したという
ことです。

失業率の改善は、倒産や人員整理など「勤め先や事業の都合」による失業者が前年と同じ
月と比べて19万人減少したことなどが主因とみられているということです。
ですが、総務省は「5パーセント台という高い水準に変わりはない」として引き続き
注視するという考えそうです。

男女別の失業率は、男性が0.1ポイント改善の5.4パーセント、そして女性が0.1
ポイント改善の4.6パーセントでした。
ただ失業者数は300万人を超えるなど厳しい雇用情勢が続いているということは事実
です。新卒の就職観曲も好転はしていません。日本経済の先行き不透明感も強まっている
ことから、雇用情勢は再び悪化する懸念もあるということです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する記事が載っていましたが、
その影響がかなり大きいのかもしれません。多くの人が職について、安心して生活が
できる国づくりを政府には目指していただきたいのですが・・・。これは、無理な話なの
でしょうか。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに掲載
スポンサーサイト
2011.03.21 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1273-3ac4607a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。