上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でおこった集団食中毒事件。

卸売業者の大和屋商店は、焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を経営している

フーズ・フォーラス社に、メールでユッケ用生肉の販売を提案し、最終的に2ヶ月

後から取引が開始されました。



そのメールではユッケ用生肉のにくについて、使用可能な部分の割合は約100%と

伝えられ、フーズ・フォーラス社側はそのメールの内容から、仕入れ肉は表面を削り
取る

「トリミング」が不要と判断していたそうです。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル批評
スポンサーサイト
2011.05.18 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1302-e6603f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。