上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
国際ジャーナル 2010年5月号の時事コラムで、

「タクシーに乗って買い物に── 増える「買い物難民」の暮らしを知る」

というものを目にしました。



そして経済産業省は、「買い物難民」の問題について

支援策を提言する報告書を公表するそうです。



「買い物難民」とは、スーパーの閉店や商店街の衰退などから、

日々の買い物に困っている高齢者の方々のことだそうです。



車の運転ができない、家族の支援が得られない、

などの理由で日常の買い物をすることに

不便を感じている高齢者が調査に結果、

全国で「600万人程度」と推計されました。



この問題は、過疎地域だけでなく大都市近郊の

団地などでも深刻化しているとみたいですね。



支援策として、宅配サービスや移動販売、

交通手段の提供などを挙げていて、

民間での対応が難しい地域は、自治体の補助や公的施設の活用も。



そして流通業者には、自治体や商店街との連携に加え、

店舗撤退時の後継業者確保などを求めていくそうです。



高齢者の方に対し、支援をしていくのは、とても良いことですね。



しかし、インターネットでなんでも購入できる時代ですので、

高齢者の方々もインターネットを勉強して、

ネット通販を楽しんでみても良いのではないでしょうか(笑)

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く
スポンサーサイト
2011.06.16 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1329-6ae6f777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。