上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
東日本大震災で親を亡くしてしまった子供たちを支援しようと、東北にある大学が「震災子ども
支援室」を立ち上げたそうです。10年間にわたって、常駐する心理士が同じ子どもを継続的に
支援するのが特徴で、反抗期など成長に応じて起こる問題や親を失ったことで抱えるストレスに
対応するということなのです。保護者の個別相談や教職員の研修も行うそうで、児童相談所や
里親会とも連携するのだそうです。
震災で親を亡くした子どもというのは、今、とても精神的につらい思いをしていると思います。
それが今後成長していく上でも自分の記憶の中からは消えることのない出来事です。
ぜひ、専門家の知識と力で安心して生活ができるようにしてほしいですね。


「報道ニッポン」を発行している報道通信社グループで記者をしている友人から電話がありました。
今度興味が湧けばそういった雑誌も見てみようかと考えています。
身体の外だけでは無く、内側からも気を遣いシミやそばかすが出来ないようにしている事に驚きました。
ビジネスチャンスを応援する報道通信社グループは、経済誌・月刊誌が多数出版されています。とても参考になる書籍が多いです。
国際ジャーナル 国際通信社では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画をはじめとした対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っています。
先日も携帯電話で良い物はないかと質問したのですが、質問してからすぐに返答が返ってきました。
国際ジャーナル 医療では医療特集というものも組まれており、見ているだけで為になる情報が紹介されているので、興味がない方でも勉強になるのではないかと思われます。
ザ・ヒューマン 医療で紹介されていた企業は有名な美容外科で明確で分かり易かったです。
自宅で出来る京セラ 太陽光発電をメンテナンスを怠らない事が更に効果を期待出来る要素になるそうです。
「国際ジャーナルの取材を受けました」と喜びの記事が掲載されていました。
スポンサーサイト
2011.10.22 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/1374-c2082040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。