上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
赤ちゃんポストの必要性を問う
少し前の国際ジャーナルですが、
「赤ちゃんポスト設置」に関する記事で、その重要性を書いた記事が載っていました。実は私も赤ちゃんポストについては、もう少しいろんな意見を汲み取ってからでもよかったのではないかと思っていました。

設置までには、もちろんいろんな議論が重ねられたのだとは思いますが、ニュースからの報道が聞こえてきた頃、事後報告的なものではないかと思ったからです。

これは報道時間や、もちろん私のニュースへの関心などにもよりますが、やはり簡単なことではないので国民全体で考えるべきだと思うし、設置された後にも出ているあらゆる問題を知った上で、再度赤ちゃんポストの必要性にしっかりと向き合うべきだと思います。

詐欺や殺人、放火などの事件が次々と出てくる中で、1つの報道に時間を咲けない現状もあるのでしょうが、決して今でも“過去の話題”ではないと思っています。

私は、「赤ちゃんポスト」がいいのか、悪いのかの議論をもう少し重ねることが重要だといいたいわけでは無く、
赤ちゃんポストは、どういう背景から生まれているのか。
もし赤ちゃんポストが無くなれば、どうなるのか。
それらを解決するためには、一体何をしなくてはならないのか。
しなくてはならないことのために、どう考えればいいのか。
などをお母さんやお父さん、やがてお母さんやお父さんになる人が
一緒に考えなければならないのだと思います。私ができる詐欺対策
ここ数年、詐欺問題が日に日に深刻化していっています。
こうしている間にも、また新たな手口を考案し、実行しようと
しているかもしれません。ニュースを見るたび、
被害者を自分に置き換えてしまいます。

詐欺が深刻化する中、私達ができることはなんでしょうか。
その現状を無視せずに意識したり対策を行なう、ことではないかと私は思います。

ATMに警備員を増員させたり、詐欺被害を防ぐために店頭で
呼びかけたり、シールやポスターをいたるところに張ったりと
いった様々な対策を各機関が行なっていますが、
対策を無視した行動や気に留めなかった人、そして
まさか自分が詐欺にあっているだなんて、と自分に疑いをかけない
人が結局のところ被害者として続々出ているのです。

私が比較的有効だと思うこれら意外の対策は、
詐欺について常に疑わなければならない、と意識している自分が、
親や祖父母、兄弟や友達に常に最新の手口について知っていることを
呼びかけることや、家族間や友達間でも話題にして情報を共有することではないかと思います。

誰にもいえなくて、という言葉や
知らなかった、気づかなかった、ということはよく聞かれます。
それらの可能性を低くしてやることが、
もっとも詐欺の対策になるのではないでしょうか。あといくつ寝るとお正月?
早くも今年の紅白歌合戦の出演者が発表されました。
このニュースを聞くと毎年、あ、もうそんな季節かと驚きます。
まだまだ秋を楽しみ始めたばかりだと思っていましたが、
気づけばクリスマスまであともう少し。
早く年賀状を書かなければ元旦の朝に挨拶ができない羽目になってしまいます。

こうして毎年そわそわとしながら慌しく新年をむかえているので、そろそろのんびりとお正月を迎えたいものだなと思っています。

テレビやネットから、詐欺や殺人や強姦の事件よりも、年賀状やお正月の特別番組、紅白歌合戦や初詣などの季節の話題が多くなる時期はとてもほっとします。どうか、今年もあと少し、こうしたたわいもないニュースや報道ばかりが耳にとどきますように。

報道ニッポン
報道通信社
現代画報
現代画報
国際通信社
スポンサーサイト
2008.12.16 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/252-37934c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。