上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
報道ニッポン 評判の記事に出ている経営者の話。
特に飲食店の店長やオーナーは日々お客さんと向き合っているからこそ
いろんなものの見方や考え方、そしてなにより感じ方を知っている。

お客さんは“人”である。10人いれば10人を喜ばせるのは大変だが
10人のお客さんの気持ちを読み取るのもまた大変だ。

何が良かったか、何がいけなかったのか、
何がすきなのか、それは言葉に発せられたとしても
本当の意味は分からない。

けれども日々何十人何百人の人をもてなして
忙しいなかでそうした気持ちを理解しようとしなければ
ならない。終わりのない大変な作業だ。

だけど、きっと彼らにはそこにかけがえのない気持ちを持っているんだと思う。何物にも変えられない喜びとこれまでの苦労により大きくなってきた感謝が根底にみっちりとくっついているのだと、いつも感じさせられる。

人は人と接して素晴らしい人になっていくのだと感じることができる。
記事ではいつもコミュニケーションや思いやりの大切さを考えさせられている。経済を考える報道ニッポン
報道通信社の発刊している“報道ニッポン”。
経済学を勉強し始めるにあたり、何かとっかかりに
なるものは無いかと探していたときに出会った雑誌だ。

企業の生の声は、教科書や参考書にかかれた内容よりも
はるかに学び資料になってくれる。
経済は“現代”や“現在”と密接な関係を持つため、
こうした生の声がかなり貴重だと思う。学級崩壊危機
かつての学級崩壊は、未成年の喫煙や登校拒否、暴走といったとうに学校に対しての反発心を全面に出したものだったが、
近年学級崩壊と叫ばれている背景には“いじめ”といった明らかになりにくいもので、教師や学校への反発ではなく、個人に対する反発が中心だ。

多感期の頃には、友達のケンカやいい争いは当たり前にある。仲のよかった友達がなんとなくいやになったり、相手の悪い点ばかりが見えたりすることも多々ある。だれもがそういったことを経験して、大人になってゆくのだが、最近はどうやら、自分の思い通りでないと許せないといった感情を最後まで走らせてしまう傾向にあり、エスカレートしたそれらの感情が最悪の事態へと至らせてしまっている。

まだ生まれて十数年の少年少女が被害者になり、加害者になる。

一つではないであろう原因を一つ一つクリアしていかなければ
ますます事態はエスカレートしていくだろう。

国際ジャーナル
国際ジャーナル
報道通信社
報道通信社
現代通信社
スポンサーサイト
2008.12.24 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/415-027f21aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。