FC2ブログ
取材
私は以前、物書きの仕事をしていたことがあります。
言葉や文字で人に感動や共感を与えることは、
とても難しいと、当時から痛いほど感じてきました。

取材で聞いてきた話は、100の要素があっても、
文字数制限によっては10のことしか書けないこともあり、
場合によっては1しか書けないこともあります。

3つに絞って書いたのに、1のことをもっともっと伝えたいために
さらに2つにしぼったこともあります。

そうして書き上げた文章を最後にもう一度読み返すと、
1を書くために100を聞いてきたのだと改めて気づかされます。

100を聞くこともまた、容易なことではありません。
ライバルの編集者と同じ100を聞いてくる場合もあるからです。
同じ100の要素をどう書くのか、も大切ですが、
ほかとは違う、101個目を聞いてくるのも、大切です。

これは、書く力や聞く力では補えない力です。
人柄やタイミング、相性によって、幾重にも広がり、
また恐ろしいほど小さくなります。

人間社会で生きている以上、欲もあります。
人間である以上、余裕がなくなるときもあります。
ですが、自分や相手を大切に考えていなければ、
素晴らしい結果はえられません。

素晴らしい取材を終えれば、納得のいく原稿が仕上がります。
なっとくのいく原稿は、素晴らしい紙面を作り、
素晴らしい紙面は多くの人に影響し、多くの反響を得られます。

取材を受けてくれた方からの感謝の言葉は、
明日からの糧になります。

一期一会、一言一句、一瞬一瞬、一人一人を
大切に思うことの重要さを、当時学んだのです。
子供たちとこれからの現代社会
牛乳とオープンサンドを胃に押し込めながら、
朝のニュースに耳を傾ける。

どこかの朝刊記事をピックアップして
あーだこーだだと言っている。
内容は、「できない子供が多い」というものだ。

「できない」とは、なにもできないのではなく、
「親のしつけが身に付か“ない”子」。

片付けをしない
早く寝ない
勉強をしない
挨拶をしない
我慢をしない・・・


「勉強しなさい」と言っている親が雑誌やテレビばかりを見ている。

「片付けしなさい」と言っている親の後ろに散らかったキッチンがある。

「早く寝なさい」と言っている親は、遅くまでTVの前で声を出して笑っている。


一つ言っておくと、親はとてもがんばっていると思う。
子供の世話で追われるん中、テレビを見たいし、片付けも後回しにしたい。だけど、親がある程度我慢しなければ子供は“我慢”を覚えるだろうか?


一方で寝る時間がけづられている子も多くいるという。

以前見た、「国際ジャーナル」(国際通信社刊)の
今どきの子どもは睡眠不足?!
~この10年にみる子どもの生活変化~
という記事。

塾通いやおけいこに忙しく、友達の家に遊びに行ったり、
ぼーっとテレビを見る時間もないという。既に疲れている子供の姿があるのだ。

そういえば先日のニュースでも、
「塾弁」なるもののビジネスが、拡大してきているという。

塾単位でお弁当と頼んで、デリバリーする。
子供向けに喜ばれるメニューかつ、栄養を兼ね備えたメニューで大変需要が高いというものだった。塾の机に座ってもくもくとご飯を食べる子供たちの映像が、なんだか異様でショックだった。


こうした現状にもっともっと目を向けるべきだ。
こうした価値ある記事は、もっともっと多くの人に読んで欲しい。企業のトラブル
食品の産地偽装や、賞味期限の改ざんなどで、企業の失敗や批判のニュースが相次ぐが、中には中間業者の手荒な仕事によった食品の回収や消費者のトラブルによる発売見直しなども多い。

食品にかぎらず、販売している商品によってトラブルや事故が起こった際には、テレビのCMを使ってお詫びをしたり注意を呼びかけている。

また、回収時に謝礼金を支払うといった企業まである。

個人的には、こうしたやり方は非常に好感が持ててよいと思っている。テレビや電車のつり革広告は、無意識に頭に入りやすい“宣伝場所”にふさわしく、年齢の幅広い不特定多数の人間の目に入りやすい場所であることに加え、工夫次第で無くした信用をある程度取り戻すことが可能だと思うからだ。

人は生きていく中で多かれ少なかれ何かしらの失敗を繰り返す。
失敗することで一回りも二周りも成長し、充実した人生を送れるし、
世界はそのような人の成長をもって大きくなってきた。

事故や詐欺や偽装はいけないが、ある程度の失敗はチャンスだ。
これからの成功に続く大きな分岐点ととらえて頑張る姿勢でなくてはいけない。

企業の対応からみえるものは、意外と面白くてためになる。

現代画報
報道通信社
現代画報
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報
スポンサーサイト



2009.02.13 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/757-18888895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)