上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
広島県下水道公社が運営している下水処理施設の「東部浄化センター」では、約1万匹のメダカが育てられていたそうです。ところが、このメダカたちが16日、いなくなっていることが分かりました。もともとメダカのいた水路と排水路の間には仕切りがあり、メダカが外に流れ出てしまう可能性は低いため、この状況から推測するには、誰かがメダカを無断で持ち去ったようだということです。まさかメダカ1万匹を盗む人がいるとはと、みなさん驚かれてしまうかもしれませんが、このため、現在下水道公社は地域住民へのメダカの公開を一時中止中としているようです。下水道公社の中村博理事長は、長さ約75m、幅約80cmの水路に昨年の6月ごろにメダカを約100匹放流したそうですが、そのメダカたちがなんと約1年の間に1万匹を超えるまでに増えたのだそうですよ。せっかく下水道公社が育てたメダカたちが減り始めたのは数日前からだそうで、16日の朝の時点には約1000匹まで減少してしまっていたのを、出勤した水道公社職員が見つけて発覚しました。中村理事長は、心ない人の行為に憤りを感じるとコメントしているそうです。10,000匹のメダカを盗んで売るつもりなのでしょうが、不景気では奇妙な泥棒も増えるものですね。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト
2009.09.10 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/845-4697d576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。