上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前、雑誌「現代画報」で「雑誌の廃刊」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。

先日、小学生向け学年別学習雑誌「学習」と「科学」を今年度いっぱいで休刊すると、学研ホール
ディングスが発表しました。「学習」は、同社前身の学習研究社の創業1946年以来、同社の基幹を
担ってきたそうです。近年、賞しかインターネットの普及などで、両誌の発行部数が低迷していた
そうです。季刊「学習」は12月発売の冬号で、月刊「科学」は来年2月発売の3月号で休刊するとの
ことです。

この「学習」と「科学」は、全国に広がる代理店の女性販売員らによる訪問販売で部数を伸ばした
そうです。九九を歌って覚えるカセットテープや、カブトエビなど生き物教材の付録が人気を呼ん
で、ピークの1979年ごろには、発行部数は両誌で計670万部に上ったそうですが、現在は当時の10
分の1以下だということです。

この「学習」と「科学」は、私が小学校生活6年間を共にした雑誌でした。付録が楽しみで手元に
届いたとたん、すぐに作ったものです。雑誌も何度も読み返した記憶があります。
学校でも休憩時間の話題になっていました。「学習」と「科学」を持って友人の家に集まり、一緒
になって付録で遊んだり、「科学」に付属されている教材を使って遊びながら勉強する・・・とい
う機会がとても多かったように思います。

ここ最近、今まで子供に愛されてきた雑誌が「休刊」「廃刊」になっていきます。しかも、私が
子供の頃によく読んだ雑誌がなくなるというのは、寂しい気持ちにもなります。
しかしテレビなどで見ると、子供の教材は「パソコン」「DVD」などに変化していっています。
私の子供も今、ある通信教育の教材を毎月購読していますが、必ず「DVD」が付属されています。
子供の学習方法も、時代と共に変化しているのですね。


現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
ぱんだの国際ジャーナル
nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルを求めて
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
現代画報との出会い
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
報道ニッポンの誓い 報道通信社

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
スポンサーサイト
2009.12.23 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/875-33851f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。