上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1月が中旬になる頃、店には「バレンタインチョコレート」の販売がされていきます。
手作りの道具や素敵なラッピング、手作りではなくても美味しそうなチョコレートが数多く並んで
いるのを見かけるようになりました。

ある百貨店の年間チョコレート売上3分の1以上を占めるのが「バレンタイン商戦」。女性が自分の為
に買う「マイチョコ」が定着する中、今度は「スイーツ男子」をターゲットにしたチョコレートが
登場するのだそうです。

そこで、ある菓子学校の社員らが、百貨店の婦人服売り場やメンズ館などの男性新入社員13人にアン
ケートをとったそうです。「男性が本当に食べたいチョコレートとは」という質問でした。
ミルク、ホワイト、ビターなど様々なチョコレートと、黒こしょうなどのスパイスや酒類との相性を
点数化したそうです。フルーツや野菜との組み合わせに「なんだ、これ」と驚く新入社員もいたそう
です。食べたチョコレートは30種類にのぼったそうです。

アンケートの結果、苦味の強いものやブランデーなどの強い酒との組み合わせたものなど、いかにも
男性が好みそうなチョコレートは人気がなかったようです。柚子やドライトマトなど酸味のあるもの
や、軽い食感のものが人気が高かったのだそうです。

ここ最近、男性の「スイーツ好き」が話題をよんでいるようです。以前、テレビでも紹介されていま
した。あと、雑誌「現代画報」でも「スイーツ男子」に関する記事が載っていたように思います。
今まで、あまり目立たなかっただけで実は「前からスイーツは大好き」という男性は多かったのかも
しれません。男性、女性関係なく、バレンタインは楽しみなイベントではないでしょうか。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナル通信
占い日記
国際ジャーナルからの飛躍
rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
スポンサーサイト
2010.01.22 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/925-a58d0a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。