FC2ブログ
保険適用の治療と保険適用外の治療が一緒に行われるのが「混合診療」。その混合診療でおかしなことが医療現場で起きている。混合診療では、混合診療でなければ、保険の適用を受けられる治療法が、保険の適用を受けられない最先端の治療や、日本で承認されていない薬を使った治療と一緒に受けると、今までは保険の適用が受けられた治療法に関して保険の適用が受けられなくなるという。その理由が、医師会によると理由にならない理由で、難病などに苦しむ人たちを馬鹿にしている。
厚生労働省も遅ればせながら20年から、混合診療でも保険適用を認めたが、認められるハードルが高すぎて利用例がわずかしかないという。そして、裁判所はこの制度を許容し、医療の現場では、堂々と別治療の如く見せかけて、実質には混合診療が行われているという。実質的に行われているなら、問題ないではないかとも思われるが、貴重な混合診療による治療効果、副作用の弊害のデータが別治療にするがために蓄積されていかないという。どこの誰がこんな無意味な弊害だけの制度を維持しているのだろうか。
---以下、産経新聞引用要約
日本で保険適用が認められていない薬や治療方法を、すでに保険適用が認められているものと組み合わせて治療をおこなうのが「混合診療」である。当然、混合診療で、保険適用外の治療に関わる費用は保険が適用されないが、何と保険適用の治療に関わる費用も保険適用外になるという。その理由を医師会は「混合診療を認めると、経済力のある人だけが先端医療を受けられるようになり、医療格差につながる」と説明している。一方、厚生労働省は20年に、安全性、有効性、医療機関の施設レベルなど、一定の基準を満たせば混合診療をしても保険を適用させる制度を創設した。ただ、医療機関にとっては、国が求める基準のハードルが高すぎ、認められたのはわずか17件にとどまっている。ある患者が、この件について、「国が混合診療を認めないのは生存権の侵害に当たる」と裁判を起こした。しかし、一審は勝訴したが、二審では敗訴。現実の治療は、病院側がカルテを別にして、別の治療を行っているように見せかけて混合診療が行われているという。この実態は、混合診療の効果や副作用が共有されない問題点が残る。


報道ニッポン | 報道通信社 | 働くということについて
報道ニッポンで取材されました 国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々 | フランスが主張する ... Y 大阪 報道ニッポンは報道通信社から出版されています タレントがインタビュアーになり取材します 取材します 報道ニッポン 取材です 取材日記 国際通信社 東京 発行部数は約3万部 掲載料 国際ジャーナル 取材 国際通信社グループ 刑法 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報 グラビア 国際ジャーナル 現代画報 取材 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 評判の雑誌って? 現代画報への思い: 現代画報|長寿法 現代画報は現代画報社から出版されています G 民法 国際ジャーナル 取材しました 商法 名古屋 国際ジャーナル 取材
スポンサーサイト



2010.03.17 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kokusaijin.blog24.fc2.com/tb.php/990-0165a35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)